「あの家に暮らす四人の女」三浦しをん著

公開日:  更新日:

 刺繍作家の佐知の家で雪乃と多恵美が暮らすようになって1年が過ぎた。善福寺川の近く、150坪の敷地に立つその家は、佐知の母親・鶴代の祖父が戦後に建てたものだった。父親の顔を知らずに育った佐知は、長年、鶴代と2人暮らしをしてきた。1年前、保険会社に勤務する雪乃が住んでいたアパートの上階の住人が入浴中に孤独死。部屋が水浸しになり住めなくなった雪乃は、友人の佐知に誘われ、安い家賃で間借りすることになったのだ。その後、雪乃がストーカーに悩む10歳年下の会社の後輩・多恵美を連れてきて奇妙な4人暮らしが始まった。

 谷崎潤一郎の「細雪」をベースに、その現代版として書かれた長編小説。(中央公論新社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る