「あの家に暮らす四人の女」三浦しをん著

公開日:  更新日:

 刺繍作家の佐知の家で雪乃と多恵美が暮らすようになって1年が過ぎた。善福寺川の近く、150坪の敷地に立つその家は、佐知の母親・鶴代の祖父が戦後に建てたものだった。父親の顔を知らずに育った佐知は、長年、鶴代と2人暮らしをしてきた。1年前、保険会社に勤務する雪乃が住んでいたアパートの上階の住人が入浴中に孤独死。部屋が水浸しになり住めなくなった雪乃は、友人の佐知に誘われ、安い家賃で間借りすることになったのだ。その後、雪乃がストーカーに悩む10歳年下の会社の後輩・多恵美を連れてきて奇妙な4人暮らしが始まった。

 谷崎潤一郎の「細雪」をベースに、その現代版として書かれた長編小説。(中央公論新社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る