「一度は読んでおきたい現代の名短篇」湯川豊著

公開日: 更新日:

「読む愉しみ」が満喫できる短編小説を厳選して紹介する文学ガイド。

 まず取り上げられるのは、文章に全く無駄がなく、「短編の鑑」と称賛する松本清張の「張込み」。何度か映像化もされて、張り込みをする刑事の緊張感を主体にした推理小説と思われがちだが、この作品はそういうものではないという。殺人犯を追う刑事が、現在は年上の夫と継子と暮らす犯人の元恋人の家を張り込むというストーリーを紹介しながら、作者は主人公の若い刑事がその女を見る視線を通して、人間が背負っている悲しみを描いていると解説する。その他、2人にしか見えない駅のホームの柱に生えるキノコを通して若い女性とヤクザの心の交流を描く三浦しをん著「柱の実り」など、44編を案内。

(小学館 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る

人気キーワード