「舟を編む」三浦しをん著

公開日:  更新日:

 大手総合出版社玄武書房で入社以来37年間、辞書編集に携わってきた荒木は、定年を控え、新たな辞書「大渡海」の編集を託す人材を探す。

 荒木のめがねにかなったのは、営業部の馬締だった。

 律義過ぎて周囲には言動がトンチンカンに見える男だが、言葉に対する鋭い感覚は辞書を編むために生まれてきたとしか思えない。辞書編集部で働き始めて3カ月、馬締が大学時代から暮らす下宿の大家、タケおばあさんは、彼の変化に気づく。

 一方、馬締は部屋に出入りする猫のトラさんを介して、かぐやと名乗る女性と出会う。自分の感情が分からない馬締は、恋愛という言葉を辞書で引いてみると──。

 本屋大賞を受賞したベストセラーの待望の文庫化。(光文社 620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る