「舟を編む」三浦しをん著

公開日:  更新日:

 大手総合出版社玄武書房で入社以来37年間、辞書編集に携わってきた荒木は、定年を控え、新たな辞書「大渡海」の編集を託す人材を探す。

 荒木のめがねにかなったのは、営業部の馬締だった。

 律義過ぎて周囲には言動がトンチンカンに見える男だが、言葉に対する鋭い感覚は辞書を編むために生まれてきたとしか思えない。辞書編集部で働き始めて3カ月、馬締が大学時代から暮らす下宿の大家、タケおばあさんは、彼の変化に気づく。

 一方、馬締は部屋に出入りする猫のトラさんを介して、かぐやと名乗る女性と出会う。自分の感情が分からない馬締は、恋愛という言葉を辞書で引いてみると──。

 本屋大賞を受賞したベストセラーの待望の文庫化。(光文社 620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る