「舟を編む」三浦しをん著

公開日: 更新日:

 大手総合出版社玄武書房で入社以来37年間、辞書編集に携わってきた荒木は、定年を控え、新たな辞書「大渡海」の編集を託す人材を探す。

 荒木のめがねにかなったのは、営業部の馬締だった。

 律義過ぎて周囲には言動がトンチンカンに見える男だが、言葉に対する鋭い感覚は辞書を編むために生まれてきたとしか思えない。辞書編集部で働き始めて3カ月、馬締が大学時代から暮らす下宿の大家、タケおばあさんは、彼の変化に気づく。

 一方、馬締は部屋に出入りする猫のトラさんを介して、かぐやと名乗る女性と出会う。自分の感情が分からない馬締は、恋愛という言葉を辞書で引いてみると──。

 本屋大賞を受賞したベストセラーの待望の文庫化。(光文社 620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る