「舟を編む」三浦しをん著

公開日: 更新日:

 大手総合出版社玄武書房で入社以来37年間、辞書編集に携わってきた荒木は、定年を控え、新たな辞書「大渡海」の編集を託す人材を探す。

 荒木のめがねにかなったのは、営業部の馬締だった。

 律義過ぎて周囲には言動がトンチンカンに見える男だが、言葉に対する鋭い感覚は辞書を編むために生まれてきたとしか思えない。辞書編集部で働き始めて3カ月、馬締が大学時代から暮らす下宿の大家、タケおばあさんは、彼の変化に気づく。

 一方、馬締は部屋に出入りする猫のトラさんを介して、かぐやと名乗る女性と出会う。自分の感情が分からない馬締は、恋愛という言葉を辞書で引いてみると──。

 本屋大賞を受賞したベストセラーの待望の文庫化。(光文社 620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  8. 8

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  9. 9

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る

人気キーワード