• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「モンテレッジォ小さな村の旅する本屋の物語」内田洋子著

 時事報道に携わる著者がベネチアの古書店で、若いのに客の注文した本を必ず見つけてくる店主に感心していると、「代々、本の行商人でしたので」と言う。トスカーナ州のモンテレッジォ村の人々は特に産物もなかったので、本を売り歩くようになったとか。印刷所もない山深い村で……と驚いた著者はモンテレッジォを訪ねることに。

 住民は夏の古本市のときに戻ってくるが、普段は山を下りているので村には人がいない。村へ向かう途中にヘミングウェーの写真があった。〈露天商賞〉の第1回受賞作家だからだ。

 本の行商人の歴史を訪ねたノンフィクション。(方丈社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る