「モンテレッジォ小さな村の旅する本屋の物語」内田洋子著

公開日:  更新日:

 時事報道に携わる著者がベネチアの古書店で、若いのに客の注文した本を必ず見つけてくる店主に感心していると、「代々、本の行商人でしたので」と言う。トスカーナ州のモンテレッジォ村の人々は特に産物もなかったので、本を売り歩くようになったとか。印刷所もない山深い村で……と驚いた著者はモンテレッジォを訪ねることに。

 住民は夏の古本市のときに戻ってくるが、普段は山を下りているので村には人がいない。村へ向かう途中にヘミングウェーの写真があった。〈露天商賞〉の第1回受賞作家だからだ。

 本の行商人の歴史を訪ねたノンフィクション。(方丈社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る