「モンテレッジォ小さな村の旅する本屋の物語」内田洋子著

公開日: 更新日:

 時事報道に携わる著者がベネチアの古書店で、若いのに客の注文した本を必ず見つけてくる店主に感心していると、「代々、本の行商人でしたので」と言う。トスカーナ州のモンテレッジォ村の人々は特に産物もなかったので、本を売り歩くようになったとか。印刷所もない山深い村で……と驚いた著者はモンテレッジォを訪ねることに。

 住民は夏の古本市のときに戻ってくるが、普段は山を下りているので村には人がいない。村へ向かう途中にヘミングウェーの写真があった。〈露天商賞〉の第1回受賞作家だからだ。

 本の行商人の歴史を訪ねたノンフィクション。(方丈社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る