「蔵書の苦しみ」岡崎武志著

公開日: 更新日:

 2万冊を超えた蔵書との闘いの日々をつづったエッセー。

 本棚からはみ出した本は、やがて抑えが利かなくなり、その反乱は「災害」の域に達する。しかし、その一冊一冊はどれも思い入れがあるものばかり。いざ処分に取り掛かると血が流れるような痛みを感じる。それでも、本は売るべきだと著者はいう。その時点で、自分に必要かどうか見極め、新陳代謝を図るために、鮮度を失った本は一度手放すべきだと。

 そんな痛みを感じながら2000冊を処分してみたが、大勢に影響はなく、さらなる処分が必要になった氏は、馴染みの古本屋にある提案をする……。

 同苦を味わう作家らのエピソードやそれぞれの古本にまつわるウンチクなどを交えながら、蔵書を磨き上げていく過程をつづる愛書家必携本。

 (光文社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る