「蔵書の苦しみ」岡崎武志著

公開日:  更新日:

 2万冊を超えた蔵書との闘いの日々をつづったエッセー。

 本棚からはみ出した本は、やがて抑えが利かなくなり、その反乱は「災害」の域に達する。しかし、その一冊一冊はどれも思い入れがあるものばかり。いざ処分に取り掛かると血が流れるような痛みを感じる。それでも、本は売るべきだと著者はいう。その時点で、自分に必要かどうか見極め、新陳代謝を図るために、鮮度を失った本は一度手放すべきだと。

 そんな痛みを感じながら2000冊を処分してみたが、大勢に影響はなく、さらなる処分が必要になった氏は、馴染みの古本屋にある提案をする……。

 同苦を味わう作家らのエピソードやそれぞれの古本にまつわるウンチクなどを交えながら、蔵書を磨き上げていく過程をつづる愛書家必携本。

 (光文社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る