「蔵書の苦しみ」岡崎武志著

公開日: 更新日:

 2万冊を超えた蔵書との闘いの日々をつづったエッセー。

 本棚からはみ出した本は、やがて抑えが利かなくなり、その反乱は「災害」の域に達する。しかし、その一冊一冊はどれも思い入れがあるものばかり。いざ処分に取り掛かると血が流れるような痛みを感じる。それでも、本は売るべきだと著者はいう。その時点で、自分に必要かどうか見極め、新陳代謝を図るために、鮮度を失った本は一度手放すべきだと。

 そんな痛みを感じながら2000冊を処分してみたが、大勢に影響はなく、さらなる処分が必要になった氏は、馴染みの古本屋にある提案をする……。

 同苦を味わう作家らのエピソードやそれぞれの古本にまつわるウンチクなどを交えながら、蔵書を磨き上げていく過程をつづる愛書家必携本。

 (光文社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  6. 6

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  7. 7

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  8. 8

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

  9. 9

    堀北真希を超える? 妹・NANAMIのブレークを後押しする力

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る