「あるかしら書店」ヨシタケシンスケ著

公開日:

 町はずれにある「あるかしら書店」は「本にまつわる本」の専門店。いろんなお客さんがやってきて、いろんな注文をする。

「なんか『ちょっとめずらしい本』って、あるかしら?」

「なんかこう『本にまつわる道具』ってあるかしら?」

「『本にまつわる仕事』の本って、あるかしら?」

 すると店主は「ああ、ありますよ!」とうれしそうに答え、「このへんなんかどうかしら」と、奥から出してくる。月明かりでしか読めない「月光本」や、人に見られたら恥ずかしい本の表紙だけ変えてくれる「カバー変更器」や、読んできた本から犯人を見つける「読書履歴捜査官」など、フシギな本や道具が次々と飛び出す。

 今、大ブレーク中の絵本作家の最新作。「本」をめぐって縦横無尽に広がったアイデアが、ほのぼのとしたタッチで描かれる。ユーモラスで、ときにファンタジックで、本への愛情に満ちている。落ち葉のように空から本が降ってくる村、半分水没した塔のような図書館、「大ヒットしてほしかった本」を荷車に積んで売り歩く移動本屋さん……。デジタル画面に疲れた大人をやわらかく包み、「本って、いいもんだなあ」とあらためて思わせてくれること請け合い。(ポプラ社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る