「あるかしら書店」ヨシタケシンスケ著

公開日:

 町はずれにある「あるかしら書店」は「本にまつわる本」の専門店。いろんなお客さんがやってきて、いろんな注文をする。

「なんか『ちょっとめずらしい本』って、あるかしら?」

「なんかこう『本にまつわる道具』ってあるかしら?」

「『本にまつわる仕事』の本って、あるかしら?」

 すると店主は「ああ、ありますよ!」とうれしそうに答え、「このへんなんかどうかしら」と、奥から出してくる。月明かりでしか読めない「月光本」や、人に見られたら恥ずかしい本の表紙だけ変えてくれる「カバー変更器」や、読んできた本から犯人を見つける「読書履歴捜査官」など、フシギな本や道具が次々と飛び出す。

 今、大ブレーク中の絵本作家の最新作。「本」をめぐって縦横無尽に広がったアイデアが、ほのぼのとしたタッチで描かれる。ユーモラスで、ときにファンタジックで、本への愛情に満ちている。落ち葉のように空から本が降ってくる村、半分水没した塔のような図書館、「大ヒットしてほしかった本」を荷車に積んで売り歩く移動本屋さん……。デジタル画面に疲れた大人をやわらかく包み、「本って、いいもんだなあ」とあらためて思わせてくれること請け合い。(ポプラ社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る