• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「あるかしら書店」ヨシタケシンスケ著

 町はずれにある「あるかしら書店」は「本にまつわる本」の専門店。いろんなお客さんがやってきて、いろんな注文をする。

「なんか『ちょっとめずらしい本』って、あるかしら?」

「なんかこう『本にまつわる道具』ってあるかしら?」

「『本にまつわる仕事』の本って、あるかしら?」

 すると店主は「ああ、ありますよ!」とうれしそうに答え、「このへんなんかどうかしら」と、奥から出してくる。月明かりでしか読めない「月光本」や、人に見られたら恥ずかしい本の表紙だけ変えてくれる「カバー変更器」や、読んできた本から犯人を見つける「読書履歴捜査官」など、フシギな本や道具が次々と飛び出す。

 今、大ブレーク中の絵本作家の最新作。「本」をめぐって縦横無尽に広がったアイデアが、ほのぼのとしたタッチで描かれる。ユーモラスで、ときにファンタジックで、本への愛情に満ちている。落ち葉のように空から本が降ってくる村、半分水没した塔のような図書館、「大ヒットしてほしかった本」を荷車に積んで売り歩く移動本屋さん……。デジタル画面に疲れた大人をやわらかく包み、「本って、いいもんだなあ」とあらためて思わせてくれること請け合い。(ポプラ社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る