「博徒の幕末維新」高橋敏著

公開日: 更新日:

 博徒や侠客の足跡からたどる異色幕末維新史。

 嘉永6(1853)年6月8日深夜、甲州竹居村の安五郎ら流人7人が流刑地・新島から島抜け。これまで多くの流人が島抜けを試みたが、ほとんどは捕らえられ、再び世間にその名をとどろかせたのは安五郎ただ一人だという。彼の島抜けが成功したのには訳があった。新島を所轄する韮山代官が、数日前に下田沖に突如現れた黒船への対応に追われていたためだ。

 博徒の安五郎を故郷のヒーローに押し上げた当時の甲州の時代背景を解説。さらに安五郎の遺志を継いだ黒駒勝蔵や下総天保水滸伝の張本人・勢力富五郎、武州石原村無宿幸次郎など、アウトローたちの人生を文献史学の手法で明らかにしながら歴史に位置づける。

(筑摩書房 1000円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る