「博徒の幕末維新」高橋敏著

公開日:

 博徒や侠客の足跡からたどる異色幕末維新史。

 嘉永6(1853)年6月8日深夜、甲州竹居村の安五郎ら流人7人が流刑地・新島から島抜け。これまで多くの流人が島抜けを試みたが、ほとんどは捕らえられ、再び世間にその名をとどろかせたのは安五郎ただ一人だという。彼の島抜けが成功したのには訳があった。新島を所轄する韮山代官が、数日前に下田沖に突如現れた黒船への対応に追われていたためだ。

 博徒の安五郎を故郷のヒーローに押し上げた当時の甲州の時代背景を解説。さらに安五郎の遺志を継いだ黒駒勝蔵や下総天保水滸伝の張本人・勢力富五郎、武州石原村無宿幸次郎など、アウトローたちの人生を文献史学の手法で明らかにしながら歴史に位置づける。

(筑摩書房 1000円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る