• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「博徒の幕末維新」高橋敏著

 博徒や侠客の足跡からたどる異色幕末維新史。

 嘉永6(1853)年6月8日深夜、甲州竹居村の安五郎ら流人7人が流刑地・新島から島抜け。これまで多くの流人が島抜けを試みたが、ほとんどは捕らえられ、再び世間にその名をとどろかせたのは安五郎ただ一人だという。彼の島抜けが成功したのには訳があった。新島を所轄する韮山代官が、数日前に下田沖に突如現れた黒船への対応に追われていたためだ。

 博徒の安五郎を故郷のヒーローに押し上げた当時の甲州の時代背景を解説。さらに安五郎の遺志を継いだ黒駒勝蔵や下総天保水滸伝の張本人・勢力富五郎、武州石原村無宿幸次郎など、アウトローたちの人生を文献史学の手法で明らかにしながら歴史に位置づける。

(筑摩書房 1000円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る