「西郷どんと篤姫」中江克己著

公開日:

「維新三傑」のひとり、西郷吉之助(隆盛)と、13代将軍家定の正室・天璋院篤姫の知られざる絆を描く歴史読み物。

 薩摩藩の下級武士の家に生まれた吉之助は、28歳のとき、藩主・島津斉彬に見いだされ、庭方役に任じられる。斉彬の極秘の仕事を手助けしたり、情報収集など、秘書の役割を果たす。篤姫の大奥への輿入れの際には、斉彬に命じられ、調度品や衣装の支度にも奔走する。

 13年後、吉之助は新政府軍の指揮官として大軍を率いて江戸に進軍。伝え聞いた篤姫は、徳川宗家の家名と江戸の町を守るために嘆願書をしたため、吉之助に届け、江戸城総攻撃の中止に貢献した。生涯でたった一度しか会見しなかった2人の人生をたどりながら、幕末維新を描く。

(青春出版社 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る