佐川光晴
著者のコラム一覧
佐川光晴

◇さがわ・みつはる 1965年、東京都生まれ。北海道大学法学部卒業。2000年「生活の設計」で第32回新潮新人賞受賞。02年「縮んだ愛」で第24回野間文芸新人賞、11年「おれのおばさん」で第26回坪田譲治文学賞受賞。著書に「牛を屠る」「日の出」など多数。「大きくなる日」は近年の中学入試頻出作品として知られる。

第1話 じゃりン子チエは神 <10>

公開日: 更新日:

突然のモスクワ五輪のボイコット

 宇都宮市にある佐久新学院体操部の練習に参加した三男は才能を認められた。

 特待生として佐久新学院中等部に入学し、寮での生活が始まった。黒磯の家を離れるのは寂しかったが、二人の兄とは仲が良くなかったので、清々したのも事実だった。

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  3. 3

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  4. 4

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  5. 5

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    サザンも山下達郎も参戦 大盛況オンラインライブの銭勘定

もっと見る