「シャブ屋の懺悔」木佐貫真照著

公開日: 更新日:

 覚醒剤の中間卸として密売業界に関わっていた著者は、7度目の逮捕で大阪拘置所にいたとき、同じく勾留されていた松尾勝二と親しくなる。

 松尾の罪は殺人。聞けば妻とその愛人を手にかけたが、それは覚醒剤がもたらした悲劇であった。

 松尾は夫婦でスポーツ用品店を営んでいたが、いつしか妻の由加と常連客の小田が浮気をしている噂が流れるようになった。2人はただの噂だと否定したのだが、ある日、松尾が小田のマンションを訪ねるとそこに妻がいたのだ。2人は松尾に刺され死亡。司法解剖の結果、2人の体内から覚醒剤の陽性反応が出た。小田は覚醒剤の小売人で、由加は“キメセク”の深みにはまっていたのだった。

 その他、覚醒剤密売から更生した人、依存症から立ち直った人など著者が実際に見聞きした7つの話を収録。

(KADOKAWA 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る