「シャブ屋の懺悔」木佐貫真照著

公開日:

 覚醒剤の中間卸として密売業界に関わっていた著者は、7度目の逮捕で大阪拘置所にいたとき、同じく勾留されていた松尾勝二と親しくなる。

 松尾の罪は殺人。聞けば妻とその愛人を手にかけたが、それは覚醒剤がもたらした悲劇であった。

 松尾は夫婦でスポーツ用品店を営んでいたが、いつしか妻の由加と常連客の小田が浮気をしている噂が流れるようになった。2人はただの噂だと否定したのだが、ある日、松尾が小田のマンションを訪ねるとそこに妻がいたのだ。2人は松尾に刺され死亡。司法解剖の結果、2人の体内から覚醒剤の陽性反応が出た。小田は覚醒剤の小売人で、由加は“キメセク”の深みにはまっていたのだった。

 その他、覚醒剤密売から更生した人、依存症から立ち直った人など著者が実際に見聞きした7つの話を収録。

(KADOKAWA 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る