「シャブ屋の懺悔」木佐貫真照著

公開日: 更新日:

 覚醒剤の中間卸として密売業界に関わっていた著者は、7度目の逮捕で大阪拘置所にいたとき、同じく勾留されていた松尾勝二と親しくなる。

 松尾の罪は殺人。聞けば妻とその愛人を手にかけたが、それは覚醒剤がもたらした悲劇であった。

 松尾は夫婦でスポーツ用品店を営んでいたが、いつしか妻の由加と常連客の小田が浮気をしている噂が流れるようになった。2人はただの噂だと否定したのだが、ある日、松尾が小田のマンションを訪ねるとそこに妻がいたのだ。2人は松尾に刺され死亡。司法解剖の結果、2人の体内から覚醒剤の陽性反応が出た。小田は覚醒剤の小売人で、由加は“キメセク”の深みにはまっていたのだった。

 その他、覚醒剤密売から更生した人、依存症から立ち直った人など著者が実際に見聞きした7つの話を収録。

(KADOKAWA 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  11. 10

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

もっと見る