「薬物依存がわかる本」西勝英著

公開日:  更新日:

 先ごろ危険ドラッグと呼び名の変わった脱法ハーブをはじめ、社会をむしばむ薬物の恐ろしい作用を解説する。

 日本で危険ドラッグが急激に流通を始めたのは2009年ごろから。厚生労働省の調べでは、販売業者数は全国でおよそ400とされているが、これは氷山の一角に過ぎず、露店やネット販売など広域化の傾向が強まっている。添加されている合成カンナビノイドなどの化学物質には幻覚や幻聴、精神錯乱などの作用があり、精神依存性や精神毒性が非常に強いことも分かっているが、人体への影響は未知数の部分も多い。

 他にも、クラブなどに広まる“セックスドラッグ”MDMAや、中高生の乱用が目立ち始めた覚醒剤まで、薬物蔓延の現状も明らかにしていく。
(西村書店 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る