「告白」清原和博著

公開日: 更新日:

 名門PL学園で高校1年から4番を務め、5季連続で甲子園に出場。優勝2回、準優勝2回。甲子園通算13本塁打は歴代最多。卒業後、西武ライオンズに入団、1年目で31本塁打の高卒新人記録を更新――。16歳からの4年間で人生の頂点を極めてしまった清原和博。その後のプロ野球人生も通算525本塁打を放つなど非凡だったが、スタートが桁外れに輝かしかったので、くすんで見えてしまう。

 本書で語られるのは、あまりに早いピークで得た栄光と、その後の人生をどう折り合いを付けようとしたかの苦闘の道のりである。

 転機はいくつかあった。ドラフトで希望の巨人入りを果たせなかったことが傷となり、FA宣言をして巨人に入ったこと。仰木元近鉄監督の誘いを蹴って巨人残留に固執したこと。いずれも悔いはないと本人は言う。しかし、結果的にはあの栄光にとらわれたとしか思えない選択に見える。そして覚醒剤。しかし、なぜ覚醒剤だったのか、明確には語られない。

 最後に「今もまだ暗闇の中にいる」と語るが、極度に強い光を浴びた者こその闇なのかもしれない。

 (文藝春秋 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  5. 5

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  6. 6

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  7. 7

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  8. 8

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  9. 9

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  10. 10

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る