「医学部」鳥集徹著

公開日: 更新日:

 近年、医学部の受験偏差値が高騰、国公立大医学部の多くは東大並みだ。一方で、東大医学部生の3人に1人は医師に向いていないという指摘もある。名門大の医学生によるレイプ事件や覚醒剤事件なども起き、モラルの低下が問題視されている。本書は、変容する医学部の内実に迫るリポート。

 著者は、医学部は医師という「職業人」を育てる「職業訓練校」であり、偏差値トップである必要はないと指摘。医学部ばかりに優秀な人材が集中することは日本の未来にとってもよくないからだ。各大学に教授を送り込んできた東大医学部の凋落や、臨床現場における医局制度や学閥の崩壊などを伝える一方で、将来の医師余り時代の到来を予測する。

 医学部志望の受験生と親必読の書。

(文藝春秋 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る