• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「医学部」鳥集徹著

 近年、医学部の受験偏差値が高騰、国公立大医学部の多くは東大並みだ。一方で、東大医学部生の3人に1人は医師に向いていないという指摘もある。名門大の医学生によるレイプ事件や覚醒剤事件なども起き、モラルの低下が問題視されている。本書は、変容する医学部の内実に迫るリポート。

 著者は、医学部は医師という「職業人」を育てる「職業訓練校」であり、偏差値トップである必要はないと指摘。医学部ばかりに優秀な人材が集中することは日本の未来にとってもよくないからだ。各大学に教授を送り込んできた東大医学部の凋落や、臨床現場における医局制度や学閥の崩壊などを伝える一方で、将来の医師余り時代の到来を予測する。

 医学部志望の受験生と親必読の書。

(文藝春秋 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る