「漂流怪人・きだみのる」嵐山光三郎著

公開日:  更新日:

 戦前、ファーブルの「昆虫記」を完訳、戦後はベストセラー「気違い部落周游紀行」を執筆するなど、さまざまな顔を持つきだみのる氏の評伝。

 1970年、雑誌の編集者だった著者は原稿依頼のため、氏に会いにいく。異臭を放つ氏の部屋は今でいうところのゴミ屋敷だった。やがて著者は、氏の取材に同行して日本各地の小さな村を巡るようになる。氏のそばにはいつも美少女・ミミくんがいた。彼女は氏の実子らしいが、本人はそのことを知らない。見た目は巨漢の丸刈り頭で、脱獄囚の気配さえ漂う氏は並外れた食欲で、猥談を好み、かと思えば哲学を語り、大杉栄らアナキストとの思い出を語る。

 晩年の5年間を共にした思い出を語りながら、その破天荒な生涯と怪人ぶりを伝える。

(小学館 610円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る