「漂流怪人・きだみのる」嵐山光三郎著

公開日: 更新日:

 戦前、ファーブルの「昆虫記」を完訳、戦後はベストセラー「気違い部落周游紀行」を執筆するなど、さまざまな顔を持つきだみのる氏の評伝。

 1970年、雑誌の編集者だった著者は原稿依頼のため、氏に会いにいく。異臭を放つ氏の部屋は今でいうところのゴミ屋敷だった。やがて著者は、氏の取材に同行して日本各地の小さな村を巡るようになる。氏のそばにはいつも美少女・ミミくんがいた。彼女は氏の実子らしいが、本人はそのことを知らない。見た目は巨漢の丸刈り頭で、脱獄囚の気配さえ漂う氏は並外れた食欲で、猥談を好み、かと思えば哲学を語り、大杉栄らアナキストとの思い出を語る。

 晩年の5年間を共にした思い出を語りながら、その破天荒な生涯と怪人ぶりを伝える。

(小学館 610円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る