「漂流怪人・きだみのる」嵐山光三郎著

公開日: 更新日:

 戦前、ファーブルの「昆虫記」を完訳、戦後はベストセラー「気違い部落周游紀行」を執筆するなど、さまざまな顔を持つきだみのる氏の評伝。

 1970年、雑誌の編集者だった著者は原稿依頼のため、氏に会いにいく。異臭を放つ氏の部屋は今でいうところのゴミ屋敷だった。やがて著者は、氏の取材に同行して日本各地の小さな村を巡るようになる。氏のそばにはいつも美少女・ミミくんがいた。彼女は氏の実子らしいが、本人はそのことを知らない。見た目は巨漢の丸刈り頭で、脱獄囚の気配さえ漂う氏は並外れた食欲で、猥談を好み、かと思えば哲学を語り、大杉栄らアナキストとの思い出を語る。

 晩年の5年間を共にした思い出を語りながら、その破天荒な生涯と怪人ぶりを伝える。

(小学館 610円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

もっと見る