「ドファララ門」を上梓したジャズピアニストの山下洋輔氏に聞く

公開日:  更新日:

 天は二物を与える。奏でる音の独創性が世界中を魅了してやまないジャズピアニスト・山下洋輔氏は、エッセイストとしての文才も発揮している。最新刊「ドファララ門」(晶文社 2000円+税)では自らの音楽的ルーツに迫る。枠にとらわれない、多彩かつ多才なDNAはどこから来たのか? その源流はどうやら母方の家系にあったようだ。

 これはミステリーか、はたまたSFか!? 著者のルーツの謎をたどるうちに、時空を超えた不思議な感覚を味わえる自叙伝というのも極めて珍しい。

「即興演奏同様、あちこち飛ぶんですよ。面白い音に出合ったらパンと転調してしまうように。自分で読んでもイヤになるけれど、これも母方のDNA。しょうがねえ、と諦めてます(笑い)」

 90年刊行の「ドバラダ門」は、著者の父方・山下家の家系をたどる先祖探求本だった。今作では母方の家系に、自身の音楽的ルーツを探る旅だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る