「南方熊楠の謎」松居竜五編

公開日:  更新日:

 日本の民俗学の創始者の一人で、生物・人類学者の南方熊楠(1867~1941年)は、破天荒な生活ぶりから変人奇人とされ、その学問的成果に目を向けられることがなかった。南方を再評価し、彼の思想の骨格を明らかにしたのが社会学者の鶴見和子の著作「南方熊楠-地球志向の比較学」(1978年)だった。

 本書は、同書以降の資料の発掘や最新の研究を踏まえ、鶴見と気鋭の研究者たちが南方の新たなる全体像に迫った座談会。鶴見が「南方曼陀羅」と名付けた真言密教に基づいたその独自の世界観。問答形式で学問を深めていったという南方の新たに見つかった書簡などを読み解きながら、さらなる広がりを見せるその世界観について論じる。

(藤原書店 2800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る