「熱狂のソムリエを追え!」ビアンカ・ボスカー著 小西敦子訳

公開日: 更新日:

 著者はテクノロジー関連の記者だったが、偶然耳にしたソムリエコンクールに興味を持ち、調べていくうちにソムリエという仕事の奥深さを知り、安定した職業を投げ捨てて、ソムリエの世界に飛び込む。本書はその1年半に及ぶ体験記。

 ソムリエにとって最も必要なのは優れた嗅覚。香水を手放し、香り付きの洗剤、シートタイプの柔軟剤、生のタマネギ、ピリ辛ソース、塩分、リステリン、さらにはコーヒーまでご法度。時間さえあればワインの試飲をしているので、しらふでいるのは1日6時間ほど。試飲していないときでも、シャワー中にシャンプーの匂いを嗅ぎ、ワインの産地を暗唱する。周囲も、味蕾を磨くために岩をなめたり、雨が嗅覚を鈍らすからと気象学を学ぶといったつわもの揃い。接客、ワインの知識も詰め込んで、彼女はついにソムリエ試験に臨む……。

 ふだん何げなく飲んでいるワインだが、その奥にはこんな深遠な世界が広がっているかと思うと、味わいも違ってくる。ワインに関する知識も満載。

(光文社 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る