「熱狂のソムリエを追え!」ビアンカ・ボスカー著 小西敦子訳

公開日: 更新日:

 著者はテクノロジー関連の記者だったが、偶然耳にしたソムリエコンクールに興味を持ち、調べていくうちにソムリエという仕事の奥深さを知り、安定した職業を投げ捨てて、ソムリエの世界に飛び込む。本書はその1年半に及ぶ体験記。

 ソムリエにとって最も必要なのは優れた嗅覚。香水を手放し、香り付きの洗剤、シートタイプの柔軟剤、生のタマネギ、ピリ辛ソース、塩分、リステリン、さらにはコーヒーまでご法度。時間さえあればワインの試飲をしているので、しらふでいるのは1日6時間ほど。試飲していないときでも、シャワー中にシャンプーの匂いを嗅ぎ、ワインの産地を暗唱する。周囲も、味蕾を磨くために岩をなめたり、雨が嗅覚を鈍らすからと気象学を学ぶといったつわもの揃い。接客、ワインの知識も詰め込んで、彼女はついにソムリエ試験に臨む……。

 ふだん何げなく飲んでいるワインだが、その奥にはこんな深遠な世界が広がっているかと思うと、味わいも違ってくる。ワインに関する知識も満載。

(光文社 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る