「日本のワインで奇跡を起こす」三澤茂計、三澤彩奈著/堀香織構成

公開日:  更新日:

 ワインのアルコール度数の強さはブドウの糖度の高さに比例するが、甲州ブドウは糖度が低いため、甲州ワインの評価は低かった。三澤茂計が曽祖父が創立した中央葡萄酒株式会社に入社したとき、父に「地獄へようこそ」と言われたという。

 外国産ワインの影響で辛口ワインが好まれるようになったが、甲州ブドウは酸の割合が低い。だが、それが寿司などの和食に合うという特長になっている。海外でワイン造りを学んだ茂計の娘、彩奈は「熟成に耐えられるような凝縮度と、甲州特有の繊細さ」を求めて、風味を凝縮させようと甲州の垣根栽培に挑戦。2013年、糖度25度の房が実った。

 日本のワイン造りを目指した父娘の奮闘記。

(ダイヤモンド社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る