ワインを最強のビジネスツールに

公開日: 更新日:

 ビジネスや政治の世界において、ワインの知識は重要な武器になる。渡辺順子著「教養としてのワイン」(ダイヤモンド社 1600円+税)では、デキるビジネスマンなら知っておきたいワインの基礎知識から、コミュニケーションに役立つ話題のトピックまでを解説している。

「AOC法」という厳しい法律によってワインの品質を守ってきたワイン伝統国フランス。2014年にアメリカの3つ星レストラン「フレンチ・ランドリー」から総額3000万円にも及ぶ高級ワインが盗まれる事件が起こり、そのほとんどが世界一高いフランスワインとして有名なロマネ・コンティだった。

 しかし、犯人が狙ったもうひとつのワインがあった。それは、ワイン通以外にはほとんど知られていない「スクリーミング・イーグル」。カリフォルニアのナパで産出される高品質な“カルトワイン”と呼ばれるワインの一種で、フランスの数ある銘醸シャトーを押しのけてワイン愛好家に崇拝されているのだという。

 1980年代から金融関係者などの富裕層がリタイア後の趣味としてナパでワイン造りを始めたのが誕生のきっかけで、大量の資本をつぎ込んでビジネスとして発展。あえて生産量を抑えることでコレクターズアイテムとしてファンを増やし、「スクリーミング・イーグル」の年間生産量はたったの6000本。小売価格は1本約33万円にも上り、オークションでは、約430万円で落札されたこともあるというから驚きだ。

 ほかにも、香港・中国市場の台頭、投資家が注目するワインビジネス、そして偽造ワインに狙われる日本の現状についても言及。ビジネスツールとして、ワインを学んでみては?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る