「世界で一番わかりやすいおいしいお酒の選び方」山口直樹著

公開日: 更新日:

 ワインや日本酒は好きだけれど「詳しくない」という人向けの入門書。ウンチクを省き、お酒を選ぶために必要な情報だけを整理して伝える。

 まずはワイン。そのラベルには造り手や産地などさまざまな情報が書かれているが、初心者は「品種」以外すべて無視してよいという。ワインの味の大部分は品種で決まるからだ。ワインに使われるブドウの品種は数百あるが、おいしいワインを選ぶために覚えるべき品種は赤ワイン5種、白ワイン3種だけ。その上でコーヒー派か紅茶派かで読者に合う品種を紹介するなど、知識ゼロから自分の好みの酒にたどり着く方法を具体的に解説。同様に日本酒やカクテルの選び方も網羅され、他書で挫折した人も本書なら大丈夫。(ディスカヴァー・トゥエンティワン 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る