「世界で一番わかりやすいおいしいお酒の選び方」山口直樹著

公開日:

 ワインや日本酒は好きだけれど「詳しくない」という人向けの入門書。ウンチクを省き、お酒を選ぶために必要な情報だけを整理して伝える。

 まずはワイン。そのラベルには造り手や産地などさまざまな情報が書かれているが、初心者は「品種」以外すべて無視してよいという。ワインの味の大部分は品種で決まるからだ。ワインに使われるブドウの品種は数百あるが、おいしいワインを選ぶために覚えるべき品種は赤ワイン5種、白ワイン3種だけ。その上でコーヒー派か紅茶派かで読者に合う品種を紹介するなど、知識ゼロから自分の好みの酒にたどり着く方法を具体的に解説。同様に日本酒やカクテルの選び方も網羅され、他書で挫折した人も本書なら大丈夫。(ディスカヴァー・トゥエンティワン 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る