「村の奇譚里の遺風」筒井功著

公開日: 更新日:

 平成14年春、著者は埼玉県入間郡で、「サンカ」と呼ばれた無籍・非定住民の一員である松島始(60歳)と、その妹で50代後半の真佐子に出会う。真佐子の話によると、昭和20年代当時、親が蓑の行商と修繕の顧客を求めて歩き回っていたため、幼い頃から県中部域を漂浪する暮らしで、寝ぐらは神社の軒先や、古墳の石室、古墳時代の横穴墓などだった。同業の仲間は30世帯ほどあり、さらに小グループに分かれて行動していたという。

 やがて成長した真佐子はキャバレー勤めを経てそば屋で働くうちに男性を紹介され結婚。実は夫となった男性も東北北部の蓑作り村出身だった。

 サンカほか、石風呂、葬送儀礼、猿まわしなど、
民俗文化を研究する著者が日本各地を歩き、折々に見聞きした奇譚13話を紹介する。

(河出書房新社 1850円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  6. 6

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る