「村の奇譚里の遺風」筒井功著

公開日: 更新日:

 平成14年春、著者は埼玉県入間郡で、「サンカ」と呼ばれた無籍・非定住民の一員である松島始(60歳)と、その妹で50代後半の真佐子に出会う。真佐子の話によると、昭和20年代当時、親が蓑の行商と修繕の顧客を求めて歩き回っていたため、幼い頃から県中部域を漂浪する暮らしで、寝ぐらは神社の軒先や、古墳の石室、古墳時代の横穴墓などだった。同業の仲間は30世帯ほどあり、さらに小グループに分かれて行動していたという。

 やがて成長した真佐子はキャバレー勤めを経てそば屋で働くうちに男性を紹介され結婚。実は夫となった男性も東北北部の蓑作り村出身だった。

 サンカほか、石風呂、葬送儀礼、猿まわしなど、
民俗文化を研究する著者が日本各地を歩き、折々に見聞きした奇譚13話を紹介する。

(河出書房新社 1850円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る