「樹木たちの知られざる生活」ペーター・ヴォールレーベン著 長谷川圭訳

公開日:

 ドイツで長年、森林の管理と保護に携わってきた著者が、樹木の知られざる生態と森の素晴らしさについてつづったエッセー集。

 ある日、氏はブナの木が集まる場所で苔むした岩を見つける。よく見ると、それは400~500年前に切り倒された木の切り株だった。周囲にも同じような切り株があり、それらは腐らずに生きていた。おそらく、近くの樹木から根を通じて手助けを得ていたのだという。樹木は根と根が直接つながったり、根の先を包んだ菌糸が栄養の交換を手伝ったりすることがあるからだ。

 樹木の「友情」を語るそんな一文をはじめ、芳香物質を使って行う樹木間のコミュニケーションなど、樹木の驚異の能力と社会性を伝える世界的ベストセラー。

(早川書房 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る