「動物たちの内なる生活」ペーター・ヴォールレーベン著、本田雅也訳

公開日:  更新日:

 人の暮らしのそばに存在しながら、その内面世界については全く知られていない動物たち。彼らの心の中では、いったい何がおきているのか。本書は、森林管理官としてさまざまな動物たちと接してきた著者が、その興味深い世界を丹念に描き出したネーチャーノンフィクションだ。

 たとえば、動物は嘘がつけるかというテーマでは、著者の飼う雄鶏が登場する。彼は2匹の雌鶏と一緒に暮らしていて、おいしいエサを見つけると特別な抑揚でメスを呼び、メスに先にエサを譲ることもあるという。ところが時にはエサもないのにメスを呼び、やってきたメスをだまして交尾をするというエピソードを紹介している。

 他にも浮気防止のために警戒音で鳴くツバメ、つがいのメスが見ていないときには縄張り争いをやめて浮気に走るカササギも登場。全世界で100万部を突破した前作「樹木たちの知られざる生活」に続き、動物の心の世界をみずみずしく描いた本作も世界各国で翻訳されている。

(早川書房 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る