• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「蜜蜂」マヤ・ルンデ著、池田真紀子訳

 2098年の中国四川省。幼い息子を愛する母親のタオには、果樹園で人工授粉をする仕事を課されていた。そこは、環境破壊の影響で蜜蜂が姿を消した世界。蜜蜂に代わって奴隷のように働く労働者が、列をなして果樹園に通い、樹木に登って花粉をつけていた。

 タオは、息子に人工授粉の労働以外の人生を歩ませることができないかと1日1時間しかない一緒に過ごせる時間に教育を与えようとする。そんなある日、珍しく休みが与えられたタオはピクニックに出かけ、そこで悲劇に見舞われる……。

 本書は、2017年ドイツで総合1位のベストセラーとなり、33カ国以上で刊行された話題の書。

 タオの物語を起点に、1852年のイングランドで蜜蜂を研究するウィリアムと、2007年のアメリカで養蜂業を営むジョージの物語が交錯しながら、それぞれの家族の運命をたどっていく。それぞれ親子の物語でありながら、生態系に与える人の影響について深く考えさせられる。

(NHK出版 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  5. 5

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  6. 6

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  9. 9

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  10. 10

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

もっと見る