「蜜蜂」マヤ・ルンデ著、池田真紀子訳

公開日: 更新日:

 2098年の中国四川省。幼い息子を愛する母親のタオには、果樹園で人工授粉をする仕事を課されていた。そこは、環境破壊の影響で蜜蜂が姿を消した世界。蜜蜂に代わって奴隷のように働く労働者が、列をなして果樹園に通い、樹木に登って花粉をつけていた。

 タオは、息子に人工授粉の労働以外の人生を歩ませることができないかと1日1時間しかない一緒に過ごせる時間に教育を与えようとする。そんなある日、珍しく休みが与えられたタオはピクニックに出かけ、そこで悲劇に見舞われる……。

 本書は、2017年ドイツで総合1位のベストセラーとなり、33カ国以上で刊行された話題の書。

 タオの物語を起点に、1852年のイングランドで蜜蜂を研究するウィリアムと、2007年のアメリカで養蜂業を営むジョージの物語が交錯しながら、それぞれの家族の運命をたどっていく。それぞれ親子の物語でありながら、生態系に与える人の影響について深く考えさせられる。

(NHK出版 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  7. 7

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  8. 8

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る