「蜜蜂」マヤ・ルンデ著、池田真紀子訳

公開日:

 2098年の中国四川省。幼い息子を愛する母親のタオには、果樹園で人工授粉をする仕事を課されていた。そこは、環境破壊の影響で蜜蜂が姿を消した世界。蜜蜂に代わって奴隷のように働く労働者が、列をなして果樹園に通い、樹木に登って花粉をつけていた。

 タオは、息子に人工授粉の労働以外の人生を歩ませることができないかと1日1時間しかない一緒に過ごせる時間に教育を与えようとする。そんなある日、珍しく休みが与えられたタオはピクニックに出かけ、そこで悲劇に見舞われる……。

 本書は、2017年ドイツで総合1位のベストセラーとなり、33カ国以上で刊行された話題の書。

 タオの物語を起点に、1852年のイングランドで蜜蜂を研究するウィリアムと、2007年のアメリカで養蜂業を営むジョージの物語が交錯しながら、それぞれの家族の運命をたどっていく。それぞれ親子の物語でありながら、生態系に与える人の影響について深く考えさせられる。

(NHK出版 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る