「大統領失踪」(上・下)ビル・クリントン、ジェイムズ・パタースン著 越前敏弥、久野郁子訳

公開日: 更新日:

 アメリカ大統領ジョン・ダンカンは、下院特別調査委員会の模擬聴聞会で必死の答弁を行っていた。親ウクライナ・反ロシアの分離独立派グループがテロリスト集団〈ジハードの息子たち〉のリーダーを殺害しようとした時、アメリカの特殊部隊とCIA工作員が妨害した。

 それを指示した責任を問われたが、ダンカンは大統領特権を発動して証言を拒否した。

 聴聞会は月曜日だ。しかし、月曜日にまだこの国は存在しているのだろうか。ニュースでは大統領の弾劾発議を巡る報道が相次ぐ。

 土曜日、ブラント副大統領は首席補佐官にウェブサイトで「大統領失踪」の新聞記事を見せられる――。

 サイバーテロに立ち向かう大統領を迫真の筆致で描く、クリントン元大統領の小説デビュー作。

(早川書房 各1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る