「大統領失踪」(上・下)ビル・クリントン、ジェイムズ・パタースン著 越前敏弥、久野郁子訳

公開日: 更新日:

 アメリカ大統領ジョン・ダンカンは、下院特別調査委員会の模擬聴聞会で必死の答弁を行っていた。親ウクライナ・反ロシアの分離独立派グループがテロリスト集団〈ジハードの息子たち〉のリーダーを殺害しようとした時、アメリカの特殊部隊とCIA工作員が妨害した。

 それを指示した責任を問われたが、ダンカンは大統領特権を発動して証言を拒否した。

 聴聞会は月曜日だ。しかし、月曜日にまだこの国は存在しているのだろうか。ニュースでは大統領の弾劾発議を巡る報道が相次ぐ。

 土曜日、ブラント副大統領は首席補佐官にウェブサイトで「大統領失踪」の新聞記事を見せられる――。

 サイバーテロに立ち向かう大統領を迫真の筆致で描く、クリントン元大統領の小説デビュー作。

(早川書房 各1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る