「ヒラリー」岸本裕紀子著

公開日: 更新日:

 アメリカ大統領選の最有力候補、ヒラリー・クリントンとはどんな政治家で、どんな女性なのか。「ヒラリーファン」を自任する著者が、アメリカの報道番組、主要新聞、雑誌、ヒラリーの自著などをひもとき、公平、公正なヒラリー像を描こうと試みている。

 ヒラリーはシカゴ生まれ。アメリカのホームドラマに出てくるような典型的な中流家庭で育った。勉強、ボランティア、教会の活動、バイトに精を出す聡明な少女で、クラスのまとめ役だった。

 東部の名門女子大に進んだころ、古きよきアメリカは終焉を迎えつつあった。大学改革、ベトナム反戦、キング牧師暗殺……。寄宿舎で夜な夜な議論し、世界に目を開いていく。20代のヒラリーは牛乳瓶底眼鏡で、髪は伸ばしっぱなし。おしゃれには無頓着だった。卒業後、エール大学の法科大学院へ進み、長身でイケメンのビル・クリントンと出会う。ビルのほうが積極的にアプローチして、卒業後に結婚。政治家を志していた彼は故郷アーカンソーへ戻り、若くして州知事になった。ヒラリーは眼鏡をコンタクトレンズに替え、髪を切り、金髪に染めた。

 州知事夫人からファーストレディーへ。そして国務長官へ。ヒラリーの政治家への道は、一見、夫主導に見える。しかし、ヒラリーは若いころから女性や子供の人権問題をライフワークと考えていた。母ドロシーは肉親の愛情に恵まれず、14歳のとき住み込みの子守の仕事につき、そこで初めて愛情ある家庭を知った。「母のように、手を差し伸べることを必要としている人たちのために戦いたい」。この思いが政治家ヒラリーの根っこにある。もし、ビルと結婚していなかったら、もっと早く大統領候補になっていたのかも?(PHP研究所 1400円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  3. 3

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る