• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ヒラリー」岸本裕紀子著

 アメリカ大統領選の最有力候補、ヒラリー・クリントンとはどんな政治家で、どんな女性なのか。「ヒラリーファン」を自任する著者が、アメリカの報道番組、主要新聞、雑誌、ヒラリーの自著などをひもとき、公平、公正なヒラリー像を描こうと試みている。

 ヒラリーはシカゴ生まれ。アメリカのホームドラマに出てくるような典型的な中流家庭で育った。勉強、ボランティア、教会の活動、バイトに精を出す聡明な少女で、クラスのまとめ役だった。

 東部の名門女子大に進んだころ、古きよきアメリカは終焉を迎えつつあった。大学改革、ベトナム反戦、キング牧師暗殺……。寄宿舎で夜な夜な議論し、世界に目を開いていく。20代のヒラリーは牛乳瓶底眼鏡で、髪は伸ばしっぱなし。おしゃれには無頓着だった。卒業後、エール大学の法科大学院へ進み、長身でイケメンのビル・クリントンと出会う。ビルのほうが積極的にアプローチして、卒業後に結婚。政治家を志していた彼は故郷アーカンソーへ戻り、若くして州知事になった。ヒラリーは眼鏡をコンタクトレンズに替え、髪を切り、金髪に染めた。

 州知事夫人からファーストレディーへ。そして国務長官へ。ヒラリーの政治家への道は、一見、夫主導に見える。しかし、ヒラリーは若いころから女性や子供の人権問題をライフワークと考えていた。母ドロシーは肉親の愛情に恵まれず、14歳のとき住み込みの子守の仕事につき、そこで初めて愛情ある家庭を知った。「母のように、手を差し伸べることを必要としている人たちのために戦いたい」。この思いが政治家ヒラリーの根っこにある。もし、ビルと結婚していなかったら、もっと早く大統領候補になっていたのかも?(PHP研究所 1400円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る