「テレビ的教養」佐藤卓己著

公開日: 更新日:

 テレビの歴史を、教育・教養の視点から振り返った論考。

 そもそも放送局の免許条件として、一般局は「教育」10%以上、「教養」20%以上で常時編成することが明示されているという。放送教育のはじまりは、1933年に大阪で始まった学校向けラジオ放送にさかのぼる。国民意識の一元化という壮大な試みを担った戦時下の放送教育の構想は、戦後の民主教育においても引き継がれたという。

 ラジオ放送時代から放送教育に携わり、戦後の教育テレビ局設立や放送大学開設に尽力した西本三十二氏の功績をはじめ、1960年代以降の放送教育運動の軌跡、そしてテレビが情報弱者のメディアとなった現代まで俯瞰しながら、日本人にとってテレビとは何だったのかを考察する。 (岩波書店 1540円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る