「僕の戦後舞台・テレビ・映画史70年」久米明著

公開日: 更新日:

 大正13年に生まれ、94歳の今も現役として活躍する著者が、自らの演劇人生をつづった自伝。戦後の混乱期に息を吹き返した新劇の舞台を見て芝居の面白さに目覚め、東京商大の演劇研究会の初舞台、演劇集団「ぶどうの会」の結成、「夕鶴」との出合い、ラジオドラマやテレビでの試行錯誤、「すばらしい世界旅行」などのドキュメンタリー番組の語り、ハンフリー・ボガートの吹き替え、最近の「鶴瓶の家族に乾杯」のナレーションなど、演劇に懸けた70年間に遭遇したさまざまな経験を振り返っていく。

 特に目を引くのは、演出家である岡倉士朗と福田恆存との強く深い関係性だ。木下順二の脚本の下で、ずぶの初心者だった著者に基礎から演劇を教え、ぶどうの会の要として存在していた岡倉氏と、鋭い批評眼で容赦なく役者を追い込んでいく福田氏によって育てられたという著者。演劇に情熱を注ぐ個性豊かな人々との出会いと別れによって、自らの演劇人としての道を切り開いてきた様子がよくわかる。ひとりの役者の自伝であると同時に、ラジオやテレビの創成期が描かれた戦後メディア史にもなっている。

(河出書房新社 2850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  5. 5

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る