北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「雑誌に育てられた少年」亀和田武著

公開日: 更新日:

 コラムニスト、亀和田武のバラエティーブックである。

 亀和田武の雑文集は「1963年のルイジアナ・ママ」(1983年)、「ホンコンフラワーの博物誌」(87年)に続いて3冊目だが、今回は高校2年生のときに書いた書評から、69歳のときに書いたエッセーまで、なんと50年間の雑文集大成なので読みごたえがある。

 なにしろ内容が多岐にわたっているのだ。SF、プロレス、ジャズ、映画、ポルノ、劇画、喫茶店、雑誌、文学、テレビ、街――とありとあらゆるものが対象になっている。著者の好奇心が全方位に爆発していると言っていい。小説宝石に連載中のエッセー「夢でまた逢えたら」でいつも驚かされるのは著者の記憶力で、よくもまあこんな細かなことを覚えているものだと感心するが、本書も例外ではない。この50年間のカルチャーシーンのすべてがここにある、と言っても過言ではない。

 香港の映画監督ウォン・カーウァイを論じたエッセーを読むと、無性に彼の映画を見たくなるし、渋谷のジャズ喫茶の変化を語るエッセーを読むと、ブラッドベリの短編「霧笛」を読みたくなる(どうしてなのかは、滋味あふれるエッセー「最後の恐竜と渋谷の路地について」を読まれたい)。

 自販機雑誌の編集者時代を描いた「小説ザ・ポルノグラファー」と、「ラリー・フリントになりたかった」もいい。

 (左右社 2750円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る