「不敗のドキュメンタリー」土本典昭著

公開日: 更新日:

「水俣―患者さんとその世界―」など多くの記録映画を世に送り出した映像作家のエッセー集。

 1970年発表の「水俣ノート」と題された一文では、撮影のため水俣病多発地帯の部落に暮らした日々がつづられる。氏はその5年前にテレビのドキュメンタリー番組で水俣を取材。今回は、かつて「迫り得なかった一つの課題へのもう一たびの試みである」のだが、そのきっかけとなったのが患者の松永久美子さんだった。口も手も動かせず無反応の彼女にカメラを向けた時、「なぜ? 何のために? どの地点に立って撮っているのか?」という問いを彼女自身から迫られている感覚に襲われたからだ。

 そのほか、「映画と現実とのかかわりについて」など、自らの仕事と思索の一端を明かしながら語られる映画論。

(岩波書店 1320円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

  7. 7

    「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶

  8. 8

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  9. 9

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  10. 10

    テレ朝vs日テレで勃発 若貴兄弟“和解特番”争奪戦の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る