「阿賀の記憶、阿賀からの語り」関礼子ゼミナール編

公開日:

 元教員の稲垣シズヱさん(79歳)は、子どものころは、カワウソのように川で遊び、阿賀野川や新川の川魚をよく食べ、短大の寮で生活していたときは、お腹がすくと母親が送ってくれた川魚の「ふりかけ」をお昼代わりにして空腹をしのいだという。そうした阿賀野川の豊かさが、一転して、食物連鎖でメチル水銀を川魚に取り込み、水俣病の甚大な被害を生んだ。

 水俣病とはなにか。なぜ被害者を長く沈黙させてきたのか、被害者はなにを恐れ、なにを苦しみなにに目をそむけて沈黙してきたのか――。

 本書は、その“なぜ”という問いに向き合い、新潟水俣病の語り部を務める8人の被害者の言葉をまとめた証言集である。(新泉社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る