「崩壊の森」本城雅人著

公開日: 更新日:

 主人公は東洋新聞の記者・土井垣侑。チェルノブイリ事故発生からちょうど1年後となる1987年4月26日に、特派員としてモスクワに赴任したところから物語は始まる。

 当時のソビエト連邦は、ゴルバチョフによるペレストロイカ政策が進められていたものの、常にKGBが暗躍し、記者もソビエト政府の監視下にあった。当局から目を付けられないよう本社からは「スクープ禁止令」が言い渡される状況下で、許可された取材だけではソ連の宣伝活動にしかならないことに業を煮やした土井垣は、リアルな市井の人々の声を拾おうと町で夜な夜な行われているパーティーに顔を出すことに。しかし監視の目は常につきまとい、尾行や盗聴、家への侵入などの事態に直面する……。

「ミッドナイト・ジャーナル」で吉川英治文学新人賞を受賞した著者による最新作。

 時代の激動期に立ち会った日本人特派員の目を通して、ペレストロイカ下のソビエトやベルリンの壁の崩壊などの歴史的瞬間や、報道人の在り方が描かれる。個性の強いライバル記者や、秘密ありげなモデル事務所の社長など、登場人物も魅力的だ。

(文藝春秋 1750円+税+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  6. 6

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  7. 7

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  8. 8

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る