「崩壊の森」本城雅人著

公開日: 更新日:

 主人公は東洋新聞の記者・土井垣侑。チェルノブイリ事故発生からちょうど1年後となる1987年4月26日に、特派員としてモスクワに赴任したところから物語は始まる。

 当時のソビエト連邦は、ゴルバチョフによるペレストロイカ政策が進められていたものの、常にKGBが暗躍し、記者もソビエト政府の監視下にあった。当局から目を付けられないよう本社からは「スクープ禁止令」が言い渡される状況下で、許可された取材だけではソ連の宣伝活動にしかならないことに業を煮やした土井垣は、リアルな市井の人々の声を拾おうと町で夜な夜な行われているパーティーに顔を出すことに。しかし監視の目は常につきまとい、尾行や盗聴、家への侵入などの事態に直面する……。

「ミッドナイト・ジャーナル」で吉川英治文学新人賞を受賞した著者による最新作。

 時代の激動期に立ち会った日本人特派員の目を通して、ペレストロイカ下のソビエトやベルリンの壁の崩壊などの歴史的瞬間や、報道人の在り方が描かれる。個性の強いライバル記者や、秘密ありげなモデル事務所の社長など、登場人物も魅力的だ。

(文藝春秋 1750円+税+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  2. 2

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  3. 3

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  4. 4

    サザンも山下達郎も参戦 大盛況オンラインライブの銭勘定

  5. 5

    甲子園交流戦は情実てんこ盛り 全生中継するNHKへの疑問

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    国民民主は分裂…玉木氏と行動を共にする衆院議員は3人?

  8. 8

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  9. 9

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  10. 10

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

もっと見る