「騎手の誇り」本城雅人著

公開日: 更新日:

 若手騎手として実績を積んできた和輝は、それまで世話になった厩舎を辞めて、名門の塚本厩舎に移籍する。

 塚本厩舎は、12年前、和輝が小学生のときに落馬事故で亡くなった父親の忍が在籍していた厩舎だった。事故の日、塚本厩舎のセカンドジョッキーだった忍は、騎乗予定だったリーディングジョッキーの平賀に代わって1番人気の馬に乗ったが、ゴール直前に転倒してしまったのだ。葬式後、和輝は平賀が故障するのを知っていて忍を乗せたという関係者の会話を耳にした。父が本当は平賀に殺されたのではないかと疑う和輝は、その真相を確かめようと、今も塚本厩舎に在籍する平賀に近づく。

 競馬界を舞台に描く長編ミステリー。

 (新潮社 590円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る

人気キーワード