「騎手の誇り」本城雅人著

公開日:

 若手騎手として実績を積んできた和輝は、それまで世話になった厩舎を辞めて、名門の塚本厩舎に移籍する。

 塚本厩舎は、12年前、和輝が小学生のときに落馬事故で亡くなった父親の忍が在籍していた厩舎だった。事故の日、塚本厩舎のセカンドジョッキーだった忍は、騎乗予定だったリーディングジョッキーの平賀に代わって1番人気の馬に乗ったが、ゴール直前に転倒してしまったのだ。葬式後、和輝は平賀が故障するのを知っていて忍を乗せたという関係者の会話を耳にした。父が本当は平賀に殺されたのではないかと疑う和輝は、その真相を確かめようと、今も塚本厩舎に在籍する平賀に近づく。

 競馬界を舞台に描く長編ミステリー。

 (新潮社 590円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る