「騎手の誇り」本城雅人著

公開日:

 若手騎手として実績を積んできた和輝は、それまで世話になった厩舎を辞めて、名門の塚本厩舎に移籍する。

 塚本厩舎は、12年前、和輝が小学生のときに落馬事故で亡くなった父親の忍が在籍していた厩舎だった。事故の日、塚本厩舎のセカンドジョッキーだった忍は、騎乗予定だったリーディングジョッキーの平賀に代わって1番人気の馬に乗ったが、ゴール直前に転倒してしまったのだ。葬式後、和輝は平賀が故障するのを知っていて忍を乗せたという関係者の会話を耳にした。父が本当は平賀に殺されたのではないかと疑う和輝は、その真相を確かめようと、今も塚本厩舎に在籍する平賀に近づく。

 競馬界を舞台に描く長編ミステリー。

 (新潮社 590円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る