「シューメーカーの足音」本城雅人著

公開日: 更新日:

 斎藤は、ロンドンの繁華街、紳士靴の名店が軒を並べるジャーミン通りに日本人として初めて注文靴の店を構えた。さらに上を目指す斎藤は、王室御用達印を獲得するため、王女の婚約者・スチュアートの木型を手に入れる。

 そんな中、老紳士が修理のために持ち込んできた靴を手にした斎藤は戦慄する。その靴は、斎藤が15年前、ある男のために作った靴とそっくりで、男の木型とも一致する。だが、靴は別人が作ったコピーだった。誰かが男の足を計測して作ったとは思えない。その男、薗田は13年前に死んでいるのだ。斎藤は仕事のパートナーで恋人でもある里沙子に老紳士の素性を調べさせるが……。

 靴職人の世界を舞台にした長編ミステリー。(講談社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  9. 9

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る