• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「シューメーカーの足音」本城雅人著

 斎藤は、ロンドンの繁華街、紳士靴の名店が軒を並べるジャーミン通りに日本人として初めて注文靴の店を構えた。さらに上を目指す斎藤は、王室御用達印を獲得するため、王女の婚約者・スチュアートの木型を手に入れる。

 そんな中、老紳士が修理のために持ち込んできた靴を手にした斎藤は戦慄する。その靴は、斎藤が15年前、ある男のために作った靴とそっくりで、男の木型とも一致する。だが、靴は別人が作ったコピーだった。誰かが男の足を計測して作ったとは思えない。その男、薗田は13年前に死んでいるのだ。斎藤は仕事のパートナーで恋人でもある里沙子に老紳士の素性を調べさせるが……。

 靴職人の世界を舞台にした長編ミステリー。(講談社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る