北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「傍流の記者」本城雅人著

公開日: 更新日:

 新聞記者小説である。舞台となる東都新聞社はどちらかといえば政権寄りの新聞で、社内的にも政治部が強い。そういう会社における社会部記者を描くのが本書だ。

 東都新聞社の社会部史上最高の同期といわれる6人、すなわち得意分野の異名で並べると、「警視庁の植島」「検察の図師」「調査報道の名雲」「遊軍の城所」「人事の土肥」、そして早くに総務に異動した北川の6人の視点で描かれる連作長編である。

 他社との特ダネ競争だけでなく、政治部との駆け引き、さらには社会部内部での暗闘もあって、新聞記者の厳しい日々がリアルに、克明に描かれていくので目が離せない。舞台となる大手新聞社の場合、社会部130人のうちデスクになれるのは6人だけ、部長になれるのは1人。編集局には600人の部員がいるが、部長が何人いても局長になれるのは1人。その出世競争に敗れた者は、同期や年下の上司からこき使われ、敗者の多くは地方支局やへき地の通信部を転々とする。そういう下克上の世界だという。

 こういう厳しい現実を背景に、それでも真実を報道するという使命を帯びて奮闘する記者たちの日々を、たくさんの人間ドラマ(これがホントにうまい)を織りまぜて巧みに、鮮やかに描いていく。人物造形よく描写よく構成が秀逸だからこそ、ラストの感動につながることも明記しておきたい。出世作「ミッドナイト・ジャーナル」に匹敵する傑作だ。

 (新潮社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る