「監督の問題」本城雅人著

公開日:

 大阪のチームで4番を張っていた宇恵康彦はプロ野球を引退後、ワンマンオーナーの小此木に請われ、3年連続最下位の「新潟アイビス」の監督に就任する。覚悟していたとはいえチームは想像以上にダラダラで、キャンプ初日にはベテラン投手の市木が若手を引き連れ、朝帰り。おまけに2人のコーチも仲たがいしていてアタマが痛い。

 宇恵はチームを一新するべく、市木をトレードに出し、すべてを定時の5分前に始める「アイビスタイム」を導入。言葉遣いも丁寧にするなど劇薬でチームに緊張感を与えると、わずかながらも変化の兆しが見えてきた。ところが一難去ってまた一難。若い選手との価値観や指導の違い、監督付の美人広報によからぬ噂と、新人監督は次々と困難に見舞われ……。

 元スポーツ記者の著者がプロ野球界の天国と地獄をコミカルに描くスポーツエンターテインメント。

 (講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る