「監督の問題」本城雅人著

公開日: 更新日:

 大阪のチームで4番を張っていた宇恵康彦はプロ野球を引退後、ワンマンオーナーの小此木に請われ、3年連続最下位の「新潟アイビス」の監督に就任する。覚悟していたとはいえチームは想像以上にダラダラで、キャンプ初日にはベテラン投手の市木が若手を引き連れ、朝帰り。おまけに2人のコーチも仲たがいしていてアタマが痛い。

 宇恵はチームを一新するべく、市木をトレードに出し、すべてを定時の5分前に始める「アイビスタイム」を導入。言葉遣いも丁寧にするなど劇薬でチームに緊張感を与えると、わずかながらも変化の兆しが見えてきた。ところが一難去ってまた一難。若い選手との価値観や指導の違い、監督付の美人広報によからぬ噂と、新人監督は次々と困難に見舞われ……。

 元スポーツ記者の著者がプロ野球界の天国と地獄をコミカルに描くスポーツエンターテインメント。

 (講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る