「監督の問題」本城雅人著

公開日: 更新日:

 大阪のチームで4番を張っていた宇恵康彦はプロ野球を引退後、ワンマンオーナーの小此木に請われ、3年連続最下位の「新潟アイビス」の監督に就任する。覚悟していたとはいえチームは想像以上にダラダラで、キャンプ初日にはベテラン投手の市木が若手を引き連れ、朝帰り。おまけに2人のコーチも仲たがいしていてアタマが痛い。

 宇恵はチームを一新するべく、市木をトレードに出し、すべてを定時の5分前に始める「アイビスタイム」を導入。言葉遣いも丁寧にするなど劇薬でチームに緊張感を与えると、わずかながらも変化の兆しが見えてきた。ところが一難去ってまた一難。若い選手との価値観や指導の違い、監督付の美人広報によからぬ噂と、新人監督は次々と困難に見舞われ……。

 元スポーツ記者の著者がプロ野球界の天国と地獄をコミカルに描くスポーツエンターテインメント。

 (講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  4. 4

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  5. 5

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

もっと見る