「永久のゼッケン」倉阪鬼一郎著

公開日: 更新日:

 稲垣真鈴の父・滋は、多摩川ウルトラマラソンの100キロの部に毎年出走していた。10回目の完走者には多摩川ブルーの永久ゼッケンが贈られる。滋は8回目に出走したがその後、病気が見つかる。9回目は何とかゴールにたどり着いたが、10回目は出走できなかった。入院中に散歩した時、滋は多摩川の川面を見ながら「あの水になって、戻ってくる」と言い、半年後に逝った。

 次のマラソンで、真鈴と母・かおりは2人で50キロに出走し、父の残りの1回分を2人で走ることにした。

 一方、世界選手権にも出場したのに骨折で挫折した千々和純一は、このマラソンに再起をかけていた。

 さまざまなランナーのマラソンに込めた思いを描く。

(出版芸術社 1400円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  6. 6

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  7. 7

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  8. 8

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

  9. 9

    巨人上位候補 天理大148km左腕・森浦&明石商・来田の実力

  10. 10

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

もっと見る

人気キーワード