「永久のゼッケン」倉阪鬼一郎著

公開日: 更新日:

 稲垣真鈴の父・滋は、多摩川ウルトラマラソンの100キロの部に毎年出走していた。10回目の完走者には多摩川ブルーの永久ゼッケンが贈られる。滋は8回目に出走したがその後、病気が見つかる。9回目は何とかゴールにたどり着いたが、10回目は出走できなかった。入院中に散歩した時、滋は多摩川の川面を見ながら「あの水になって、戻ってくる」と言い、半年後に逝った。

 次のマラソンで、真鈴と母・かおりは2人で50キロに出走し、父の残りの1回分を2人で走ることにした。

 一方、世界選手権にも出場したのに骨折で挫折した千々和純一は、このマラソンに再起をかけていた。

 さまざまなランナーのマラソンに込めた思いを描く。

(出版芸術社 1400円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  9. 9

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  10. 10

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る