「元号って何だ?」藤井青銅著

公開日: 更新日:

 新元号「令和」がスタートしたが、これまで日本にあった元号の数は247で、その第1号は645年の「大化」である。元号は基本的に漢字2文字だが、4文字元号も5つだけあり、使われた漢字の総数は504。ところがそこに使われた漢字はわずか72種類しかないという。

 ちなみに令和の「和」は19回で6位。5位「応」(20回)、4位「治」(21回)、2位は同数で「天」「元」(各27回)、1位は「永」(29回)。時代別に見ると、平安時代は「永」「長」が多く、江戸時代には「寛」が多いという。

 さまざまなランキングを用いながら元号を解説するほか、元号由来のネーミングや全国の元号ゆかりの地まで、元号に関する素朴な疑問に答える入門書。

 (小学館 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  3. 3

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  4. 4

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  7. 7

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

もっと見る