「入門!自宅で大往生」中村伸一著

公開日: 更新日:

 超高齢化社会に突入した日本では「逝き場所」としての病院や施設が絶対的に不足。本書は、福井県のへき地、旧名田庄村で「家逝き・看取り」を実現してきた医師が、同地域に受け継がれる「逝きの文化」ともいうべき知恵と経験を紹介する家逝き・看取りの入門書。

 自分の生死の可否を超越した92歳のばあさまのエピソードなどを紹介しながら穏やかな逝き方に不可欠なのは「覚悟を決める」ことだと説く。しかし、一方で本人も看取る家族も「いまわの際であがいたって」それは想定内と受け入れ、壮絶に死と戦うための励ましよりも和やかな往生に有効なのは肩の力を抜くユーモアだと語る。そうした心構えから、おひとりさまでも可能な具体的な家逝きの極意などを解説。

(中央公論新社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る