「入門!自宅で大往生」中村伸一著

公開日: 更新日:

 超高齢化社会に突入した日本では「逝き場所」としての病院や施設が絶対的に不足。本書は、福井県のへき地、旧名田庄村で「家逝き・看取り」を実現してきた医師が、同地域に受け継がれる「逝きの文化」ともいうべき知恵と経験を紹介する家逝き・看取りの入門書。

 自分の生死の可否を超越した92歳のばあさまのエピソードなどを紹介しながら穏やかな逝き方に不可欠なのは「覚悟を決める」ことだと説く。しかし、一方で本人も看取る家族も「いまわの際であがいたって」それは想定内と受け入れ、壮絶に死と戦うための励ましよりも和やかな往生に有効なのは肩の力を抜くユーモアだと語る。そうした心構えから、おひとりさまでも可能な具体的な家逝きの極意などを解説。

(中央公論新社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る

人気キーワード