「住まいで『老活』」安楽玲子著

公開日:

 高齢者の大半は、介護が必要になってもそのまま自宅で暮らしている。しかし、在宅介護現場の大きな問題は、荷物が整理されず、設備も古いまま、暑さ寒さに耐えながら暮らす人が多いことだ。在宅での療養、介護はバリアフリー化されていることが基本だが、当事者の高齢者には家のリフォームや片付け、暮らしの見直しに思いが及ばず、それを実行する力もない。家族機能が低下した世帯も増え、これまで同様の在宅ケアの実態が続くなら、介護の重度化によって家で暮らすことが難しくなる人は確実に増える。本書では、こうした状況を防ぐため、リフォームや福祉用具の活用で「住まいの介護力」を高め、自宅で暮らしながら病気や要介護となるリスクを軽減する方法を伝授する。

(岩波書店 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る