「定年前後『これだけ』やればいい」郡山史郎著

公開日: 更新日:

 84歳の現役ビジネスマンが、迫りくる人生100年時代を生き抜くノウハウを伝える指南書。

 60歳定年なら残りは40年。定年後はもはや「余生」や「老後」ではなく、れっきとしたもうひとつの人生である。定年とはもうひとつの人生の始まりであり、少なくとも40代後半には、その準備を始めておいた方がよいと説く。そして老化防止のためにも定年後も仕事を続けるべきであり、再雇用を選ぶのではなく、「人生の後半生は好きな生き方をする」との強い意志を持って再就職することを勧める。

 しかし、現実にはシニア世代の求人は少なく理想的な再就職は難しい。これまでサポートしてきたシニア世代の再就職の成功例を紹介しながら、後半生を豊かに生きるための再就職の方法を伝授する。

 (青春出版社 950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  8. 8

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  9. 9

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

  10. 10

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る