「子どもなくても老後安心読本」岡信太郎著

公開日: 更新日:

 人生100年時代を迎え、葬式や墓、相続だけの「終活」では対応できなくなっている。介護や認知症、死後事務を含めた人生設計や資産防衛を考えなくてはならないと司法書士の著者は言う。子どものいない世帯や単独世帯、子どもに頼れない人が安心して老後を過ごすためにしておくべき対策を解説するテキスト。

 長期入院中の妻を残して孤独死したBさんや、記憶力が衰えた独身の義兄を施設に入れようとして途方に暮れるEさんなどを例に、実際に起こり得る切実な問題を提示。その上で、体が不自由になった時の財産管理等の委任契約や、認知症になった時の後見制度や見守り契約、死後の手続きを依頼するための死後事務委任契約などの制度について詳述する。

(朝日新聞出版 790円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る