「やし酒飲み」エイモス・チュツオーラ著 土屋哲訳

公開日: 更新日:

 やし酒は主に東南アジアやアフリカで飲まれる、やしの樹液を発酵させた醸造酒のこと。地域によってやしの種類や造り方が異なるようだが、本書の舞台、アフリカのナイジェリアでは、やしの幹を切りつけそこから滴る樹液をためて発酵させるらしい。造り方はさまざまだが造り手によって味が違うという。

 本書はお気に入りのやし酒造りの名人が死に、その名人に会うために死者の国へ向かう主人公たちの冒険譚だ。

【あらすじ】「わたし」は10歳のころからやし酒飲みで、やし酒を飲む以外には何もすることがない。おまけに父は町一番の金持ちで、他の兄弟は皆働き者だったが、長男のわたしは夜となく昼となくひたすらやし酒を飲む、まさに総領の甚六だ。

 やし酒を飲み続けて15年目、突然父が死に、次いでやし酒造りの名人も死んでしまう。新規のやし酒造りを探すが、あの名人のような酒を造る者は皆無。仕方なく死者の町にいる名人を探すことに。しかし行く先々で、居場所を教える代わりにいくつもの難題を押しつけられる。

 ある町では頭蓋骨だけの紳士にさらわれた町長の娘を救い出してほしいと頼まれる。実はわたしは「やおよろずの神の〈父〉」と呼ばれる妖術使いの神だったのだ。わたしは見事に娘を救い出して自分の妻とする。妻を伴って再び名人探しの旅に出るが、すべてあべこべの世界に生きる怪物や町中のあらゆるものが赤い町など、奇々怪々な世界が待ち受けている。幾多の困難を乗り越え、ようやく念願のやし酒造りの名人と会えたのだが……。

【読みどころ】民話や寓話を下敷きにして、なんともシュールな世界を描く本作は、読んでいるうちに酩酊状態に陥るような不思議な感覚を与える。アフリカ文学の最高傑作とされる名作。 <石>

(岩波書店 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  7. 7

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  10. 10

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る