「ちょっと一杯のはずだったのに」 志駕晃著

公開日: 更新日:

「チョイト一杯のつもりで飲んで……気がつきゃホームのベンチでゴロ寝」ではないが、酒好きであれば、一度はこうした失態をしでかした経験はあるだろう。とはいえ、気がついたときにもし人を殺していたとなると「失態」では済まされない。そんな恐ろしいイフをテーマにしたミステリーである。

【あらすじ】矢嶋直弥は秋葉原FMのディレクター。ちょっと一杯のつもりで神楽坂のいつもの店に寄ったのだが、後半以降の記憶がない。確か1本目の焼酎が空いた頃に、恋人であり担当番組のパーソナリティー、人気漫画家でもある西園寺沙也加から、話があるから部屋に来るようにとのLINEが入った。そして、「そんなに酔っ払っていたら、今日は、ちょっと真面目な話は無理ね」という沙也加の言葉がよみがえってきた。

 だが、思い出せるのはそこまで。不安になったものの生放送のためにラジオ局へ出かけるが、時間になっても沙也加が現れない。心配になって部屋に行くと、そこには沙也加の遺体が。首には、誕生日プレゼントに沙也加からもらった黄色いネクタイが巻かれていた。しかもその前に沙也加に結婚を申し込んで断られたという動機まであり、矢嶋は有力な容疑者となる。

 もうひとつ、沙也加の部屋は完全な密室で、合鍵を持たない矢嶋に犯行が可能かも重要なポイントだ。いくら調べても密室殺人の手がかりを得られない警察は、酔って記憶のない矢嶋に「おまえが謎を解け」とむちゃぶりをする。さらには、よく知っていたはずの沙也加に意想外の秘密が隠されていたことが発覚する……。

【読みどころ】ラジオディレクターの経験もあり、小説家、漫画家とマルチに活躍する作者ならではの痛快ミステリー。

<石>

(宝島社 630円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  5. 5

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  6. 6

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  7. 7

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  8. 8

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る