「美酒処ほろよい亭日本酒小説アンソロジー」前田珠子・桑原水菜ほか著

公開日: 更新日:

 居酒屋で日本酒を飲むというのは、昭和の時代であればサラリーマンのおじさんと相場が決まっていたものだが、近年では「おちょこ女子」と呼ばれる日本酒好きの女性が増え、女子だけでテーブルを囲む居酒屋も珍しくない。本書は女性作家6人による短編小説アンソロジーで、主人公もいずれも女性という新機軸の日本酒小説集。

【あらすじ】前田珠子の「櫻姫は清酒がお好き」は、日本酒が大好物の桜の精の話。漫画家になる夢が挫折し、「猫の又三郎」シリーズのグッズにはまっている加津子。限定グッズに何度も応募するも結果すべて惨敗。そんなとき地元に「奇跡の桜」という願い事をかなえてくれる桜があることを知る。

 その桜の精「櫻姫」は日本酒好きで加津子がとっておきの日本酒を持っていくと、それまで当たらなかった限定グッズがうそのように当たり始める。ところがある日台風で奇跡の桜が折れてしまう……。

 山本瑤の「真夜中のおでんと迷い猫」の主人公は、家具職人の相馬のもとに転がり込んできた椿。ひょんなことから相馬の居候になった椿は、家事や料理を手伝いながら職探しをしていたが、仲間の誕生日に用意されていた金箔入りの純米大吟醸酒を一人で盗み飲みしてしまう。それを見つけた相馬が事情を聴くと……。

 響野夏菜の「父の日」は、毎月定期的に娘に会いに現れる父のために各地の銘酒を用意する一花だが、何を出しても不満そうな父。一花は意地になって、なんとか父に「うまい」といわせようと躍起になるのだが、実は……。

【読みどころ】登場する日本酒も月の桂(伏見)、ほろほろに(佐賀)、越乃景虎(新潟)、神亀(埼玉)……となかなかの品揃えで、ほろ酔い感を満喫できる。 <石>

(集英社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  4. 4

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  5. 5

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  6. 6

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    専門家に聞いた 首都圏・大阪のタワマン“水没危険”エリア

  10. 10

    支離滅裂の消費増税 「政策」が人々の生活を狂わせている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る