「酒宴」(「金沢・酒宴」所収)吉田健一著

公開日: 更新日:

 民謡の「会津磐梯山」の中に「朝寝 朝酒 朝湯が大好きで それで身上つぶした」小原庄助なる人物が登場する。実在の人物ではないらしいが、白河市には「伝小原庄助」の墓があり、伏せた徳利を上にのせた墓石に辞世の句「朝によし昼になほよし晩によし、飯前飯後その間もよし」が刻まれているという。つまり、小原庄助さんは年がら年中酒を飲んでいたい、無類の酒好きだったということだ。

 本作品の語り手も「酒飲みというのはいつまでも酒が飲んでいたいもので、終電の時間だから止めるとか、原稿を書かなければならないから止めるというのは決して本心ではない」と言ってのける。

【あらすじ】語り手(他の吉田作品と同様、私や僕といった一人称はなく、「こっち」とか「我々」しか出てこない)は行きつけの銀座の「よし田」で杯を傾けていた。すると、近くで飲んでいた灘の酒造会社の技師で酒の鑑定家という人物と意気投合し、次なる店へと繰り出すことになった。あろうことなら、いつまでも酒を飲み続けたい人間と酒の専門家が会ったとなれば、おのずと酒とつまみの話に終始する。

 結局、朝まで飲んでも話し足らず、とうとう灘の会社まで同行することに。はじめに40石入りや70石入りの巨大な琺瑯引きのタンクが並ぶ酒工場の見学をして、夜は当然宴会である。並み居る酒豪を相手に献酬を重ねていくのだが、いつのまにか宴席には、先刻工場で見た青や緑のペンキで塗った大きなタンクが集まり、互いに献酬している……。

【読みどころ】吉田健一らしいペダンチックな語りと幻想とが入り交じって独特の味わいを醸す。何より酒やつまみの形容が秀逸。食と酒を描くお手本的な作品でもある。 <石>

(講談社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る