「ゆびさきたどり」花房観音著

公開日: 更新日:

 鈴香は、初めて体を許した男に従って、生まれ育った里を出る。親ほども年齢が離れた男の「愛している」という言葉は、鈴香にとって魔法の言葉だった。

 年齢を偽り風俗店で働き始めた鈴香だが、やがて、自分が男にとって金を稼ぐ道具に過ぎないことに気づき、別の男と出奔。愛しているという言葉と、優しいふりをすることで、人の心を手に入れられると学んだ鈴香は男の体を喜ばす技術を武器にして生きていく。40歳を過ぎ、老いを感じた鈴香は客だった男と結婚。しかし、相手が故郷に戻り老親との同居を考えていることを知り、同じ社宅に暮らす別の男と逃げ出す。(「桜の里」)

 ほかに、引退したバーのママと10年ぶりに訪ねてきた年下の愛人との一夜を描く「枯れ菊」など5編を収録した欲情短編集。 (新潮社 490円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る