「ゆびさきたどり」花房観音著

公開日: 更新日:

 鈴香は、初めて体を許した男に従って、生まれ育った里を出る。親ほども年齢が離れた男の「愛している」という言葉は、鈴香にとって魔法の言葉だった。

 年齢を偽り風俗店で働き始めた鈴香だが、やがて、自分が男にとって金を稼ぐ道具に過ぎないことに気づき、別の男と出奔。愛しているという言葉と、優しいふりをすることで、人の心を手に入れられると学んだ鈴香は男の体を喜ばす技術を武器にして生きていく。40歳を過ぎ、老いを感じた鈴香は客だった男と結婚。しかし、相手が故郷に戻り老親との同居を考えていることを知り、同じ社宅に暮らす別の男と逃げ出す。(「桜の里」)

 ほかに、引退したバーのママと10年ぶりに訪ねてきた年下の愛人との一夜を描く「枯れ菊」など5編を収録した欲情短編集。 (新潮社 490円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る

人気キーワード