「政治介入されるテレビ」村上勝彦著

公開日: 更新日:

 放送免許は政府からの独立性の高い独立行政委員会が行う国が多いのに、日本では放送免許権限は総務大臣が持つ。電波法と放送法を1人の大臣が所管することが、行政の不当な介入を招いている。

 行政指導は以前は5年間で5件程度だったのに、第3次小泉内閣から第1次安倍内閣の間では22件にも上る。

 1985年から2005年の38件のうち、放送法第4条の「事実をまげない」に抵触するとされたものが16件、「政治的公平」に抵触するとされたものが3件である。

 そもそも第4条は政府のコントロールを避けるために制定されたのだが。

「放送の自由」に警鐘を鳴らす。

(青弓社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

もっと見る

人気キーワード