「政治介入されるテレビ」村上勝彦著

公開日: 更新日:

 放送免許は政府からの独立性の高い独立行政委員会が行う国が多いのに、日本では放送免許権限は総務大臣が持つ。電波法と放送法を1人の大臣が所管することが、行政の不当な介入を招いている。

 行政指導は以前は5年間で5件程度だったのに、第3次小泉内閣から第1次安倍内閣の間では22件にも上る。

 1985年から2005年の38件のうち、放送法第4条の「事実をまげない」に抵触するとされたものが16件、「政治的公平」に抵触するとされたものが3件である。

 そもそも第4条は政府のコントロールを避けるために制定されたのだが。

「放送の自由」に警鐘を鳴らす。

(青弓社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  6. 6

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る