「独裁者のブーツイラストは抵抗する」ヨゼフ・チャペック著、増田幸弘、増田集編訳

公開日: 更新日:

 ヨゼフ・チャペック(1887~1945年)は、チェコの国民作家カレルの兄。2人は「チャペック兄弟」として多くの共同作品を残している。本書は、画家でもあったヨゼフが勤務していた新聞社の紙面で発表した反ナチス・反ファシズムの風刺画を紹介しつつ、民主主義のために命を懸けて戦ったその生涯を伝えるビジュアルブック。

 書名にもなっている「独裁者のブーツ」は連作で、隣国ドイツがヒトラー率いるナチスによって変貌を遂げ、母国チェコスロバキアが危機的状況に陥る中で発表された。「指揮官の靴をシンボルに、独裁の本質を描く」との意図のもと、ブーツが大衆の頭を踏みつけながら闊歩したり、指揮台の上から整然と並んだ軍靴の行進を眺める様子、そして学者や広告屋、ジャーナリストが集まってそのブーツをせっせと磨く姿などが描かれる。

 ファシズムの台頭に危機感を抱いたヨゼフは、ヒトラーが政権を握った2カ月後の紙面で、「歴史の相続人」と題し、ナチスの鉤十字と共産主義の象徴である赤い星が互いに警棒を片手に「ちょっと待って! ひとり半分ずつだよ!」と地球を奪い合っている姿を描いた風刺画を発表。その後もナチスを風刺するイラストを多数描いている。

 ヨゼフは、社会主義が人を自由にするどころかむしろ逆にしばりつけることを見抜いていたのだ。やがてチェコスロバキアは解体、「独裁者のブーツ」発表から2年後、ドイツ軍がポーランドに侵攻したその日に、ヨゼフはゲシュタポに連行され、1945年4月に強制収容所内で亡くなる。

 世界各地でどこからともなく独裁者のブーツの靴音が聞こえてくる今、本書は改めてその恐ろしさと、自由と民主主義を守るための不断の努力の必要性を教えてくれる。

 (共和国 2500円+税)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」