「東京の市場さんぽ」柴山ミカ著

公開日: 更新日:

 石川県の輪島朝市や高知市の日曜市など、各地に地元の人はもちろん観光客にも愛される魅力的な「市」がある。しかし、わざわざ遠方に出かけなくとも東京のさまざまな場所で「市」が立ち、にぎわっているという。本書は、気軽に訪ねることができるそんな東京とその近郊のとっておきの「市」を紹介してくれるガイドブック。

「天王洲ハーバーマーケット」は、2018年に始まった定期市(奇数月第2週の土日)。「食×飾」をテーマに、骨董から雑貨、アクセサリー、古着、植物、そしてフード類まで多彩な出店者が集合。運河沿いの心地よいロケーションが来場者にも出店者にも人気だ。

 一方、東京国際フォーラム地上広場で毎月第1・第3日曜日に行われる「大江戸骨董市」は、今や「訪日外国人観光客がまず東京で行きたいところの一つ」といわれるほど人気スポットに育っているという。

 足立区の「青井兵和通り商店街朝市」(毎月第4日曜)は、40年以上も続く地元密着型老舗定期市。朝7時の開始前から多くの人が集まり、花火の音を合図にお目当ての店に駆け出すという。

 他にも、日本最大級の都市型マルシェ「太陽のマルシェ」(中央区勝どき、毎月第2土日)や浅草で400年続く「お富士さんの植木市」(毎年5・6月の最終土日)などの大規模な市から、西荻窪の老舗フランス料理店が店の軒先で行う小さなものまで東京だけで60市、神奈川・千葉・埼玉を合わせ88市を紹介する。

 出店者は、決まった日に現れ、1日が終われば去っていく。次に同じ店、同じ品があるとは限らないのが「市」。外出が心地よい季節、ちょっと早起きをして、そんな一期一会を求め見知らぬ街の「市」に出かけてみるのも一興かも。

(エクスナレッジ 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  10. 10

    有村架純“ジャニタレ共演NG”解禁 キンプリ高橋との行方は

もっと見る

人気キーワード